マーケター必見!役立つビジネス資格とは?

関連資格で差をつける!

WEBマーケティング関連

アナログマーケティングもまだ現役ですが、近年の主流といえばウェブ(デジタル)マーケティングです。いくらマーケターとしての分析力が高くても、時代にあっていないスキルは必要とされにくいです。

マーケターとしてスキルアップし、多くの仕事を受注するのであればデジタル関連の資格取得がおすすめです。例えばネットマーケティング検定はマーケティングに関する知識だけでは無く、WEBに関する技術・知識やWEBブランディングについて学びます。集客やアクセス解析に特化したIMA検定は実務向きの資格で、かなり難易度が高いです。

受験方法はオンラインのみでスタンダード・プロフェッショナルに分かれています。受講費用はコースによって違い6000~25000円です。

中小企業診断士について

民間資格よりも国家資格の方が知名度・難易度が高いので、取得していると一目置かれるのは事実です。

しかしマーケティング関連の資格のほとんどが民間資格で、国家資格は中小企業診断士のみです。この資格はコンサルティング能力を身につける資格ですが、マーケティング業務を行う場合にも必要な知識が多いです。経済学・財務・会計・経営法務・情報システムなど、ビジネスで必要な専門知識が学べるのでマーケター以外にも人気があります。

1次・2次に分かれていて受験手数料は13000~17200円です。合格率は15%ととても低く、独学の場合は1000時間程度の学習が必要です。自分に合ったテキスト選びや勉強方法を見極めなければいけないのも、この資格の難点です。


TOPへ戻る