マーケター必見!役立つビジネス資格とは?

マーケティングとは何を指すのか?

マーケティング関連の資格は必要?

これからマーケティングを学ぼうと思っているけれど、資格取得の可否に迷っている。人によっては資格がなくても十分活躍している方もいるし、実践でしっかりと学べば良いのではないか?そう思っている方もいるでしょう。

確かにマーケティングは考え方やアイディアの世界になるので、必ずしも資格取得が必要ではありません。特にある程度の実績を重ねている方や、業界にコネがある場合は必要なく活躍出来ます。ポートフォリオ作成や業務でマーケティングに関連していた方も資格取得は不要です。

しかしこれからマーケティングを学ぶ方や、スキルアップを目指す方は取得しておく方がメリットは多いです。専門用語やマインドなどイチから学ぶ方は資格取得していきましょう。

必要の無い人はどうやって仕事を受注する?

資格はその人がどのくらいの知識を持っているのかを表してくれるので、初心者は業界にツテがない方こそ必要になります。しかしこれらの資格がない場合、どの様にして仕事を受注しているのでしょうか。

いくつかの手法があり、まず無資格の状態でマーケティングのお手伝いを行いどの様な流れになるかを把握します。その際に小さな仕事をコツコツと積み重ねて実績作りをしておくと、資格と同じくらい強い武器になります。あとはクライアントへ営業をかけて仕事を受注していくのが、無資格マーケターのポピュラーな受注方法です。

この業界はまだまだ人手不足なので、経験やコミュニケーション能力が優遇されやすいです。よってマーケターを目指すなら営業力が必要となります。


TOPへ戻る